はじめにお読みください

【初心者必見】法多山の茶だんごを並ばずに食べられた理由!

法多山 茶だんご Food
法多山 茶だんご

法多山 尊永寺の厄除だんご。毎月一度の「功徳日」だけに限定販売される「茶だんご」をご存じでしょうか?朝から長蛇の列ができるほど人気の「茶だんご」ですが、思いがけず、並ばずに食べられました。今回は、この「茶だんご」の買い方をご紹介します。

2022 年 10 月以降、茶だんごは、お土産のみで、店内で食べられなくなりました。

茶だんごの販売日

茶だんごは、袋井産のお茶を粉末状にして練り込まれています。平成13年から販売されています。限定販売のため、売り切れにご注意ください。販売日 は、次の通りです。

2022 年2023年2024 年
02月28日
03月04日
4月18日
5月18日
6月18日
7月10日
8月24日
9月20日
10月19日
11月7日
12月19日
茶だんごの販売日(最新情報は、法多山名物だんご企業組合のサイト をご確認ください。)

茶だんごの列

だんご茶屋の 営業時間は、8:00 ~ 16:30 です。開店前の 7:50 時点 で、階段の下まで列が続いていました。

8:00 頃 には、広場まで、列が伸びていました。

茶だんご最後尾はこちらです。この係りの人に、伺ったところ、「茶だんご」ではなく「普通のだんご」は並ばずに購入できる とのことでした。私たちは、アジサイの写真撮影がメインだったので、普通のだんごを食べて帰ることにしました。

券売機に向かったところ、左側の二台が「茶だんご専用の券売機」で、右の二台が「普通のだんご」の券売機でした。右側は並ばずに購入できました。

だんご茶屋

だんご茶屋に入り、引換券をカウンターに出すと、「普通のだんごにしますか?茶だんごにしますか?」と尋ねられました。普通のだんごしか選べないと思っていましたが、その場で食べる場合は、茶だんごも選べる そうです。普通のだんごを二皿、茶だんごを二皿にしました。

2022 年 10 月以降、茶だんごは、お土産のみで、店内で食べられなくなりました。

思いがけず、茶だんごが食べられて、普通のだんごとの食べ比べもできて、大満足でした。あの列は、茶だんごのおみやげ」を買うための長蛇の列 だったみたいです。

だんご茶屋については、法多山名物だんご企業組合のサイト をご覧ください。

おみやげ

おみやげは、6 カサ入り一箱 600 円と、12 カサ入り一箱 1,200 円があります。詳細は、法多山名物だんご企業組合のサイト をご覧ください。

傘と紫陽花

傘と紫陽花 の写真をご紹介します。

去年と傘の柄が変わっていました。今年はレインボーでした。

紫陽花と傘をバックに、浴衣姿の娘のポートレート撮影会をしていました。

アンブレラスカイ の傘の柄も、今年の 5 月に訪問した時と変わっていました。ステンドガラス風の傘が素敵でした。この日は、あいにくの曇り空だったので、地面への映り込みは見られませんでしたが、機会があれば、晴れの日にも訪問したいです。

アンブレラスカイについては、過去のこちらの記事もご覧ください。

法多山 尊永寺の基本情報

法多山 尊永寺の基本情報はこちらです。最新の情報は、法多山 尊永寺 のホームページにてご確認ください。

Google Map で検索する目的地名法多山 駐車場 戸塚
施設名法多山 尊永寺(はったさん そんえいじ)
ホームページhttps://www.hattasan.or.jp/
所在地〒437-0032 静岡県袋井市豊沢2777
TEL:0538-43-3601
主催者袋井市観光協会
ホームページhttps://www.fukuroi-kankou.jp/
基本情報(最新の情報は、法多山 尊永寺 のホームページにてご確認ください。)

駐車場

駐車場は、参拝に一番近い「駐車場 戸塚」がオススメです。料金は、200円です。

その他にも周辺にたくさんの駐車場があります。詳細は こちら です。

法多山|駐車場の御案内
法多山周辺と駐車場のご案内しています。

まとめ

法多山 で毎月一度の限定販売される「茶だんご」をご紹介しました。朝から長蛇の列ができるほど人気の「茶だんご」ですが、その場で食べる場合は、並ばずに食べられました。券売機の左側二台は、茶だんごのおみやげ用。右側の二台は、普通のだんごのおみやげや店内で食べる様で、右側の券売機は並ばずに利用できました。初めて、茶だんごの日に法多山に行く人の参考になれば幸いです。

このブログの写真について

このブログの写真は、HATCH 管理人が撮影しています。Instagram(@hatch48.5cm) や Twitter(@HATCH_48cm)のアカウントもありますので、こちらもご覧いただけると幸いです。

コメント